• 自転車と女性

自転車保険とは

通勤、通学と自転車を使う人は老若男女多くいます。自転車は、非常に便利なものですが運転の仕方を間違えば非常に危険な凶器ともなります。また、正しく運転していても何が起こるのかが分かわかりません。近年、自転車を扱う人が多くなってきた反面、自転車による事故も多くなってきました。便利で正しく使っていても、何が起こるかわからないものが事故になります。自転車も人力で動かしているとはいえ、軽自動車に自転車は当たります。人とぶつかれば怪我だけで住む場合もあれば、最悪打ちどころが悪いと相手を死なせてしまう可能性もあります。相手だけではなく、生身で運転してる自分にもリスクがつきものと言えます。

自転車事故による、死亡者数は年々増加しています。人と自転車がぶつかった事故の場合、自転車は軽自動車にあたるため自転車を運転していた側の責任が強く出てしまいます。事故で相手を死亡させてしまった場合や麻痺の残る怪我をさせてしまった場合、それに伴った責任を追わなくてはなりません。近年、小学生が自転車で相手を死なせてしまった事故に6000万から9000万近くの判例がでたケースもありました。そのような、不慮な事故などから考えられて最近では自転車保険というのが人気になってきました。自転車を多く活用する人であれば、何が起こるかわからない現代入っておくことで不慮な事故やトラブルから自分だけではなく、家族を守ることも出来ます。自転車を多く使っている時代ですからこの様な自転車保険を利用することで、安心で安全な暮らしをすることが出来ると言えます。