自転車保険の必要性

通勤通学で、自転車を利用する人は数多くいます。また、自転車を利用する人は年々増えておりその背景として、エコや健康といったものが近年流行っているため、人力で動く自転車は運動にもなり、自然環境にも優しいことから自転車を使う人が多く増えてきているのが現状です。この、自転車増加にともない、自転車の交通事故の割合も増えてきました。自転車を日常で利用する人が増えたものの、自転車へ対しての罰則やルールなどの整備が非常に遅れており自転車に乗っている人が自分流のルールで道路などを走ってしまっているのが大きな原因と言えます。近年、悪化している自転車の事故や無謀な運転などが原因で、道路交通法は改正整備され、無謀な運転をする自転車の運転手に対しても罰則強化が行われました。しかし、ほとんど効果が見られず事故も増え続けています。この、ルールが人々に浸透するためにはまだ時間がかかる上に自転車を持つのにも何か明確な条件を付けないことには事故は少なくならないと考えてもいいでしょう。

自転車関連の事故は、今年だけで既に12万件発生していると言われており、今年の交通事故全体の2割を占めていると言われています。過去10年非常に割合が高くなっています。自転車同士でぶつかってしまった事故や自転車が歩行者にぶつかってしまい発生した事故で相手が、最悪亡くなってしまった場合や命は助かっても重篤、全身麻痺などの状態に陥ってしまうというのは、非常に高い確率であります。相手を死傷させてしまうと、民事上の責任として、賠償金の支払いを命じられる場合もあります。怪我などの度合いなどでも変わりますが、最悪相手が亡くなってしまった場合数千万から一億円の賠償金が命じられる場合があります。そこで、自転車保険を上手く使うことでもしもの時に役に立ちます。自転車保険は、強制加入ではありませんが自転車でいつ事故が起きるともわからないため、もしものために自転車保険に入っていることで自分や家族を守ることが出来ます。日常多く利用する場合や高齢者が利用する場合などにも自転車保険の加入は必要と言えるでしょう。