保険を選ぶポイント

通勤通学で多くの人が、利用している非常に便利な乗り物な自転車があります。しかし、近年では自転車同士または、自転車が歩行者とぶつかるといった事故が年々増えつつあります。この時、相手にもし大怪我最悪死亡させてしい、こちらに過失がある場合に賠償金を払うようにと裁判所から言われることがあります。大怪我にも怪我の度合いによっても、支払額は様々です。そこで、必要となるのが自転車保険なのです。しかし、一般的な自転車保険となると倍賞補償額が数千万程度に設定されている所が多いです。もし、相手との事故で相手が最悪死亡してしまった場合や重篤な怪我を追わせてしまった場合は、数千万程度では全く足りず支払いとして1億円命令された時は、自転車保険では払いきることが出来ません。自転車保険を、加入する前には賠償補償額をしっかりと見ておく必要があります。

自転車保険で注目するのは、勿論補償額というのは一番重要なところです。しかし、実際に事故を起こしてしまった場合自分も相手も冷静にいられることはできるでしょうか。事故を起こしてしまった不安などでパニックを起こしてしまい、冷静な判断をすることが不可能な状態に近いというのは確かです。また、事故を起こした時間や場所によって話し合いが食い違ったりする可能性もあります。夜遅い時間などで見ている人がいなかった場合など、お互いの意見にズレが生じてしまい交渉が非常に長引いてしまう可能性も出てきます。そこで、自転車保険と一緒に示談サービスを利用することで相手との間に入ってくれて冷静に話し合いを勧めてくれます。また事故の対応から示談まで行ってくれるので実際事故が起きた場合でも安心して任せることが可能と言えます。自転車保険を、契約する時に賠償補償が出る範囲を見ておくことも重要です。契約者が事故を起こした事故でない時は、保険金がおりないという可能性もあるためです。家族にも適用するプランなのかよく調べて契約する必要があります。